コミケの専門用語まとめ【五十音順】

コミックマーケット(コミケット)に関連する専門用語を、五十音順にまとめていきます。
また、コミケで発生した用語・事象は同人界のデファクトスタンダードとなるため、一部のワードは多くの同人誌即売会等で通用します。



あ行


有明【ありあけ】

コミケ関連の話題で「有明」といえば、東京ビックサイトの事を指す。由来は所在地から。


一斉点検【いっせいてんけん】

コミケ開催期間中、9:45・12:30・15:45に行う点検。サークル・一般・企業すべての参加者は、不審物・不審者がないか確認してください。なにかあればスタッフまで。


エゴサ【えごさ】

エゴサーチの略。自分自身のペンネーム・ハンドルネームなどを検索し、評価を確認する行為。
コミケ終了後の一週間は、一年間で最も本の感想を求める人の多い「エゴサの一週間」です。あなたの推しサーや壁サーももれなくエゴサしています。普段は呟きの少ないあの人もエゴサしています。全てを呟きましょう。そして、名前や本のタイトルやサークル名を添えましょう。それで次の本が出ます。


大井町駅【おおいまちえき】

りんかい線と京浜東北線の乗り換え駅。しかしコミケ期間中の始発などは。あまりにも車内が混みすぎて乗れないこともあるので注意。


大崎駅【おおさきえき】

りんかい線の起点となる駅。コミケ期間中は、構内アナウンスや場内掲示物、さらには電光掲示板までコミケ仕様になる。
また構内にある書店では、店頭の黒板に「コミケ参加者への激励メッセージ」が書かれる。
そして南改札前では「大崎コミックシェルター」なる謎イベントが開催され、戦利品をチラ見せするとビールやお汁粉が振舞われる。また小規模ながらの評論系の同人誌即売会も併設されている #大崎狂ってる




あ行か行さ行た行な行は行ま行/や行ら行/わ行

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク