コミケ会場の配置図マップは、紙?それともスマホのアプリ?

大好きな絵師さんがコミケにサークル出展!であれば、お目当の本をゲットしたいところですね!

まずはtwitterやwebサイト、公式カタログなどで情報をチェック!でも、そこで分かるのは、サークル番号であって、ビックサイトのどこに行けば入手できるのかは分かりません。

サークル番号の読み方の解説ページ
https://anime.information.jp/2145

そこで必要となるのが、ホール内に「サークルの机」がどのように配置されているのかを知ることができる『配置図マップ』です。広大なホールで目当の本を探し当てるためには『配置図マップ』は必需品です。絶対に忘れては行けませんよ。

このページでは『配置図マップ』の作り方と、当日どのように運用すべきかについて解説していきます。

また配置図マップには、いくつか選択肢があります。その中で(戦場にも称えられる)コミケ会場で使いやすいものはどれなのか?検証していきましょう!



コミケ『配置図マップ』の作り方

コミケにおいて『配置図マップ』を作る目的は、欲しい本を頒布している「サークル」へとスムーズにたどり着くためです。

また複数の本を入手するために、いくつものサークルを巡るということもよくあります。その場合はどのルートで辿るとスムーズに巡ることができるか検討することができます。

『配置図マップ』を作る流れとしては、ざっくりと分けると、サークルチェック(情報収集)、マップへの記載、そして導線の確認、です。


サークルチェック(情報収集)

まずはサークルチェックです。欲しい本を探しましょう。情報収集にも色々な手段があります。

コミケ公式カタログ

基本中の基本といえば、コミケの公式カタログ(冊子版)です。電話帳くらい分厚い本です、重いですw。
(公式カタログには、DVD-ROM版もあります)

カタログに掲載されている情報には、開催概要やコミケット事務局からの注意書きなど。そして「サークルカット」と呼ばれる、サークルのアピール用の枠などが掲載されています。

コミケに参加する総サークル数は、約35,000と膨大です。正直なところ、全サークル数をチェックするのは難しいです。まずはジャンル等で絞り、また興味があるジャンルなどあればパラパラめくったりして、チェックする必要があります。

さらに公式の「配置図マップ」も付属します。ただし、ちょっと使いにくいんですよねえ。A4には収まりきらない大きさですし、またサークル番号の文字が手書きの数字なので、非常に読みにくい。特に初心者にはオススメしにくいマップです。

コミケwebカタログ

公式カタログよりもカンタンにサークルチェックできるのが、コミケwebカタログです。
https://webcatalog.circle.ms/

こちらでは、公式カタログと同等のサークル情報を確認することができます。さらに、サークルさんの方で情報を追加できます。twitterアカウント、pixivアカウント、委託している書店や、個人のwebサイトの情報など。

ただし一部機能は課金(月額660円)が必要となります。特に「印刷」をするには、課金をしてゴールド会員になる必要があります。紙にプリントして持参したい時は困ってしまいますね。でも大丈夫です、このページでは解決策まで書いておりますので、どうぞ読み進めてくださいね。

「コミケwebカタログ」はモバイルにも対応しているので(スマホ最適化ページの表示には、課金が必要)、「必ずしも紙の地図は無くても何とかなる」と思ってしまう方もいるでしょう。しかしスマホの小さい画面でのチェックは想像以上に難易度が高いですし、特に人混みが途切れないコミケの会場内では難しいです。また電波状況やバッテリーの残量などにも気を配る必要があります。やはり「紙の地図」を用意した方が、快適にサークルを巡ることができます。

twitter

絵師さんの多くはtwitterで情報発信しています。お気に入りの絵師さんをフォローしておくことで、コミケ開催直前になれば「間違いなく」情報を流してくれます!
まずはtwitterで情報収集し、その後は公式カタログやwebカタログ等でリストを作っていく、というのが見逃しが少ないサークルチェックのやり方だと思います。


配置図マップへの記載


配置図マップを入手して(入手方法は後述します)、お目当のサークルを記載していきます。コミケに複数日の参加をする場合は、日毎に分けた方が無難です。

配置図マップは、デジタル(webページ等)のものと、紙のものに分かれます。一長一短はありますが、やはり「紙」をオススメします。

理由としては、色を分けてジャンルを書き込める、導線を書き込める、状況にあわせて後回し、など臨機応変な書き込みができる、など。

また、可能であればクリップボード(板状のバインダー)を用意し、どこでも追記できるようにしておくと良いでしょう。購入したものをチェックするシートを用意することで、書い漏れ・ダブり買いの防止にも役立ちます。


導線の確認

導線の検討は非常に奥深い世界です。初手(最初に行くサークル)をどこにするか、ボトルネック(人気ジャンルなど混雑エリア)をいかに避けるか、といった戦術が必要となります。頭を悩ませながら楽しく!導線を書いていきましょう!

この段階でも、紙の圧勝です。その理由としては、当初予定していた導線通りに進めることはめったにありません。完売情報を聞いてしまったり、あまりにも長蛇の列ができていて断念したり、予想外のところが混雑していたりと、コミケ会場内には罠がたくさん張り巡られています。

紙の上に記載した導線であれば、感覚的に理解できるので、トラブルが発生した段階での書き直しがスムーズに行えます。



コミケの配置図マップは「紙」がマスト!

ここまでの理由でお分かりの通り、コミケの配置図は紙にプリントアウトして持参すべきです。

その理由を振り返ってみましょう。

・スマホは便利だけど、欲しい情報にアクセスするのに手間がかかる。それに対し、紙の配置図はめくるだけで必要な情報を探しやすい。(他にも電波やバッテリーの問題が)

・優先順位を自由に色分けできる。(絶対欲しいもの・なるべく欲しい・見てから買おう、などの分類。もしくは友人と手分けして探すなど)

・導線を自由に書き込める。また書き換えることも容易。

・購入済み本のチェックが、直感的に一瞬で終わる。ダブり購入のリスクも減らせる。

などなど。もちろん現地でもスマホが状況把握や判断には大活躍しますが、配置図マップに関しては、紙の優位性があると思います。



『配置図マップ』を入手するには、どうすれば?

まずはベースとなる『配置図マップ』を入手しましょう!

当サイトでは、サークル配置図や企業地図のベースとなる「A4サイズのサークル配置図MAP」を、こちらのページで特別に無料配布しています。

他にも、「コンビニ出力」への対応やや、さらに使いやすい「余白の多い白地図」などのサービスも用意しています。こちらも活用してください。

事前にダウンロードして自分だけの「宝の地図」を作り、楽しいコミケライフを送りましょう!

西1ホール
西2ホール
西3・西4ホール

南1ホール
南2ホール
南3ホール
南4ホール

青海Aホール(企業)
青海Bホール(企業)



プリンタが無くても、コンビニ出力できます。

「A4サイズのサークル配置図MAP」は、セブンイレブンの「ネットプリント」にも登録しております。全国のセブンイレブンのマルチプリンターからの出力が可能です。

A4サイズのコミケサークル配置図MAPを、セブンイレブンのコピー機で「ネットプリント」出力する方法のまとめです。 サークル配置図・企業ブー...



白地図の配置図マップ(書き込みやすい!)


余白を広く取ることで、サークル名などを書き込みしやすくした【白地図で書き込みやすい!C97コミケのサークル配置図マップ】も用意しています。コンビニ出力+自宅出力のどちらにも対応しています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

こちらは余白を広く取ることで、サークル名などを書き込みしやすくした【白地図で書き込みやすい!C97コミケのサークル配置図マップ】です。コ...



その他サービス

サークル島番号一覧MAP
高解像度の配置図マップデータ
C89以降の全マップPDFファイル



「配置図マップ」作りから、コミケは始まっている

大好きな絵師さんの本をゲット!することを想像しながら、配置図を埋めていく作業はとても楽しいものです。

とはいえコミケ本番は「戦場!」ですので、できるだけスムーズに欲しい本をゲットできる戦術も必要となります。完売で入手できなければ悔しいです(でもそれが笑い話になったりするのも、コミケの不思議なところですが)。

それに、あえて自分の決めた導線を捨てて、新規開拓に突き進むのも面白いです。

準備にかけるを時間も、そして情報が整理された「配置図マップ」を活用して、コミケ会場で「新しい表現」との出会いが導かれることも含めて、コミケライフを楽しんでいただきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] アニメ萌えイベント速報ニュース様より転載。西3・4以外も有り(https://anime.information.jp/5075) 自分の主要行動範囲!狭い(笑 西3・4ホールは入って分岐を右!ここ間違えると痛い。 こ […]