同人作家向け、ネットのマネタイズ手段のまとめ

同人作家向のマネタイズ手段としては、即売会イベントでの同人誌頒布というのが、今も昔もポピュラーではあります。

最近は、投げ銭、月額サポート、スケブなど、ネットを使ったマネタイズ手法も色々と出てきました。それらをまとめていきます。

日本向け/海外向けなど、それぞれ特性があり所属するユーザーも異なります。自分の絵の特性に合わせて選択することで、絵を描くモチベーションが上がると良いですね。

(こちらは2019/06/04現在の情報です。サービスの変更等があった場合は随時修正していきます)


pixiv FANBOX


pixivFANBOXは、「クリエイターの創作活動を応援することができるファンコミュニティ」です。ファンがクリエイターを定期的に支援することで、クリエイターが自由に創作活動を続けられたり、新しい作品づくりに挑戦したりできるようになります。応援しているファンは、限定コンテンツや最新情報を通じてクリエイターとより密なコミュニケーションを楽しむことができます。
・ファンから直接、継続的な支援を得られる
・支援のお返しに特典を送れる
・4,000万を超えるpixivユーザーにアプローチ
https://www.pixiv.net/fanbox

こちらはpixivが運営していることもあり、同人作家さんとの親和性が高いのが特徴ですね。
また支援者さんの方も、pixivヘビーユーザーさんは当然アカウントを持っているので、サポートへの流れが比較的自然な流れで出来ることも特徴です。
サポート金額も月額100円程度からスタートでき、支援のお返し特典に差をつけた複数プランを用意することもできるので、作家さん支援者さん双方にとっても自由度の高い運用ができると思います。

https://www.pixiv.net/fanbox/creator/16593293/post/254240





ファンティア[Fantia]


ファンティア[Fantia]は、イラストレーター・漫画家・コスプレイヤー・ゲーム製作者・VTuberなど、各方面で活躍するクリエイターが、創作活動に必要な資金を獲得できるサービスです。誰でも無料で登録でき、あなたを応援したいファンからの支援を受けられます。
・クリエイター支援プラットフォーム
ファンティア[Fantia]は、イラスト・漫画・小説・コスプレ・音楽・映像作品など、各方面で活躍されているクリエイターの皆さまに、自由な作品発表と、さらなる創作活動のための資金獲得の場を提供する、クリエイター支援プラットフォームです。
有料プランの金額は、100円〜100000円の範囲内で自由に設定可能です。
記事やコンテンツを配信しよう
日ごろの簡単な活動報告や、会員限定のコンテンツの配信など、たくさんの記事を投稿しましょう。
【新機能】ファンが上乗せ支援をできるようになりました。

https://fantia.jp/
こちらも同人ショップ「とらのあな」が運営していることもあり、同人作家さんとの親和性が高いのが特徴です。
ファンティアは「ファンクラブ」いう形で月額支援することができ、複数のプランを用意することもできます。
また「上乗せ支援」という形で、追加支援もできるようになりました。気に入った作品がアップされた時などに活用したいですね。

https://fantia.jp/posts/116124



BOOTH


BOOTH(ブース)とは、pixivと連携した、創作物の総合マーケットです。無料で簡単にショップを作成でき、商品の保管・発送代行サービスも提供しています!
BOOTHは、pixivと連携した”創作活動がより楽しくなる”ショップ作成サービスです。ウェブサイトに関する知識がなくても、無料で簡単にあなただけのネットショップを開設できます。面倒な決済や発送の代行サービスも提供。pixivと連携すると、pixivでBOOTHに登録した商品のプロモーションを行うことができます。

https://booth.pm/ja
こちらもpixivの運営するサイトです。pixivと連動した同人グッズなどの制作が手軽にでき、販売することが特徴です。
入稿データを用意しておけば、注文から自動でグッズ作成、販売まで完了するところに、強みがあります。
デジタルデータの販売も可能です。
また一般ショップのオリジナルグッズなど、必ずしも同人に関係しないグッズの作成も可能です

https://animeinformation.booth.pm/items/1141956



note

https://note.mu/animeinformation/n/n1c674ecfd251
note(ノート)は、文章、写真、イラスト、音楽、映像などを手軽に投稿できるクリエイターと読者をつなぐサービスです。ブログのように使うことも、SNSのように使うことも、コンテンツを販売することも自在に活用いただけます。
https://note.mu/
noteはIT系やライフハック系に強いイメージがあり、同人系との親和性がどうなのかは分かりませんが、最近ユーザー数が増えているサービスであり、今後に期待です。
有料ノートを用意することで、文章や画像、音声ファイル、動画などのコンテンツの販売が可能です。
また「クリエイターサポート機能」により、投げ銭的に100円/500円/自由金額から支援を受けることができます。
https://note.mu/animeinformation/n/n1c674ecfd251



PATERON

https://www.patreon.com/animeinformationjp
Start a membership business to develop a direct relationship with your biggest fans and generate predictable, recurring revenue from your creative work.
あなたのファンとの直接的な関係を築き、あなたの創造的なワークから、予測どおりの、継続的なな収入を生み出すためにこのサービスを始めてください。
https://www.patreon.com/
PATERONは、英語圏を主体としたパトロン(クリエイター支援)サービスです。
なにしろ英語を基調としたサービスですので、言語的ハードルは高いです。それでも、国内とは異なったファンからの支援が期待できるかもしれません。それに海外の方が、チップの文化は盛んですからね。

海外のクリエイター支援サービス PATREON の登録の仕方
https://anime.information.jp/4027



その他

PayPal.Me

https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/merchant/solutions/paypal-me
ソーシャルメディア上で、商取引の決済・請求を簡単にするサービスです。自分のリンクを作成し、Eメール、SMSのほか、インスタグラムやFacebookなどのSNSでシェアすることで、受取った相手は、モバイルに最適化された画面から簡単に支払うことができます。
投げ銭として活用できるのでは?と話題になりましたが、実名でアカウントを作る必要があり、同人作家さんにはハードルが高い部分があるかもしれません。

Youtube

ややハードルが高いかもしれませんが、Youtubeを活用している作家さんもいるようです。

Ofuse

投げ銭ができるサービスです。
https://ofuse.me/#users/7336

マシュマロ

https://marshmallow-qa.com/
匿名メッセージサービスであるが、「チョコ入りマシュマロ」という報酬機能が用意された。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク