スポンサーリンク

「加藤恵Project」のレポート:AnimeJapan 2016

スポンサーリンク

2016年3月に開催されたAnimeJapanの、「加藤恵Project」に関するレポートです。
原寸大の加藤恵(198万円)も展示され、加藤恵を色んな映像形態で表現してみようというプロジェクトです。

加藤恵と過ごす日常の研究

「スマホアプリ・めざましマネージャーを4KのAndroid TV」という企画です。
一般家庭におけるテレビとベッドの距離は、それほど近くないだろうという気もしますし、そのままスマホアプリで開発を進めれば良いのでは?という印象はありましたが、Live 2Dのモーションを大画面で見るのは新鮮ですね。
_MG_4858

Live 2Dは二次元の絵を動かして三次元風に見せているものですが、大画面テレビで見ると、影の付け方なども立体的に見えるように変化させていて、3Dのモデルであるかのようにも感じられました。スマホで見てる時とは全く印象が違いますね。
めざまし機能だけでなく、おしゃべり機能も付いていて「今日は何の日?」「結婚してくれる?w」といった質問にも答えてくれます。将来的にはSiriの代わりのような存在になって欲しいですね。
今回は横画面で表示してましたが、縦表示も可能なそうなので「加藤専用テレビ」を縦に設置し、原寸大に近い加藤恵に胸がキュンキュンする未来も、そんなに遠くはないようです。
_MG_4860
とりあえず「加藤はカワイイw」ということが再認識できるプロジェクトです。

「加藤恵Project」は『冴えない彼女の育てかた』のヒロイン・加藤恵を様々な切り口で体験できる展示企画である。
ブースには4つのコーナーが用意される。
「加藤恵のいる日常風景の研究」では、水槽プロジェクションで窓越しから恵の表情を堪能できる。多彩な表情を浮かべる彼女に思わずときめいてしまうだろう。
「加藤恵の動きを再現する研究」はプロジェクション技術を利用して、加藤恵が画面から飛び出すギミックを実現。アニメからそのまま出てきたような彼女に注目したい。
「加藤恵と過ごす日常の研究」はスマホアプリ・めざましマネージャーを4KのAndroid TVで動作させる実験企画。
「加藤恵の表情(感情)の研究」は表情が変化するレリーフ・プロジェクションマッピングとなっている。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする